+ 1 (707) 877-4321
+ 33 977-198-888
English
Français
Deutsch
Italiano
Español
Русский
中国
Português
日本

组合 Ando Hiroshige (208)

免费送货。免费退货 所有的时间。查看详细资料 。

 

  • Ando Hiroshige - 查看富士山从satta点在骏河湾
  • Ando Hiroshige - 芙蓉和韩国的南丁格尔
  • Ando Hiroshige - 麻雀 飞行 超过 鸢尾花
  • Ando Hiroshige - 波涛汹涌的大海上破岩
  • Ando Hiroshige - 大鸟神社
  • Ando Hiroshige -  黄色  禽流 和 棉花 上升
  • Ando Hiroshige - 秋天 花儿 在  前 的 全 月亮
  • Ando Hiroshige - 歌川京桥桥
  • Ando Hiroshige - 鸢尾花
  • Ando Hiroshige - 夜景Saruwakacho的
  • Ando Hiroshige - 目录
  • Ando Hiroshige - 大雁飞过一个月牙儿
  • Ando Hiroshige - 龟户内神社天神
  • Ando Hiroshige - 梅园的龟户
  • Ando Hiroshige - 一个 布谷鸟 飞行 超过 Ships' 桅杆
  • Ando Hiroshige - 碎金靖国神社,Uchigawa进,关谷和中Massaki
  • Ando Hiroshige - 碎金靖国神社和Massaki隅田川
  • Ando Hiroshige - 大桥,突如其来的阵雨在Atake
  • Ando Hiroshige - 槿
  • Ando Hiroshige - 9th 站 , 小田原 ( 穿越 佐川 在河 一个 涉 . )
  • Ando Hiroshige - 黑海鲷和两个小鲷
  • Ando Hiroshige - 离开江户,日本桥,日本桥
  • Ando Hiroshige - 戴尔斯的“街神田
  • Ando Hiroshige - 第23站,岛田
  • Ando Hiroshige - 两个Gunnard和比目鱼
  • Ando Hiroshige - 鰤鱼,河豚和梅花科
  • Ando Hiroshige - 第30站,Maisaka
  • Ando Hiroshige - 灰鲻鱼,山茶花和尤杜
  • Ando Hiroshige - KASAGO和Isaki与姜根
  • Ando Hiroshige - 鲭鱼 和 螃蟹 和 上午 荣耀
 
所有 208 精艺术品Ando Hiroshige





歌川広重(歌川広重、1797年 - ?1858年10月12日)は日本の浮世絵画家、そしてその伝統の最後の偉大な画家の一人。彼はまた、安藤広重と呼ばれていました(安藤広重)(ファミリ名と芸術の名の不規則な組み合わせ)とIchiyūsai広重の芸術の名によって(一幽斎广重)。


広重は1797年に生まれ、江戸(現在の東京)の八重洲口エリアに"安藤徳太郎"(安藤徳太郎)Yayosuの兵舎で、江戸城のすぐ東に選ばれました。彼の父は安藤Gen'emon、将軍の遺伝性リテーナ(ドシンのランクの)であった。デューティ10兵舎の一つに住んでいた30他の武士、とともに、火災、Gen'emonと彼の家族から江戸城を守るためだった消防組織内の公式、60石の彼らの給与は、未成年者としてそれらをマークが家族は、それは安定した位置、および非常に簡単だった - 教授誠一郎高橋は、主にお祭り騒ぎで構成されるように消防士の職務を特徴付ける。 Gen'emon含む兵舎30武士の役人は、、また、兵舎内に住んでいた300下層階級の労働者の努力を監督した。証拠のいくつかのスクラップは、彼はその彼がほぼ現代の印刷物を見たときに広重が浮世絵画家になることを決定、それを持っているpainting.Legendの中国の影響を受けた狩野派の彼に教えた別の消防士が家庭教師をされ示している

北斎。その時から1849年に北斎の死に、その風景の作品が同じを争った(北斎は1832年年間で広重が彼のアートにフルタイムで専念。、そのような富士山の三十六景など、彼の最大の版画、の一部を公開)お客さま。より多くの可能性が高いものの、他の多くのランクの低い武士のように、広重の給与は、彼のニーズには不十分であり、これは彼の収入を補うために職人の工芸品に見て彼を動機。消防士は、芸術的生活用にマークされた彼を描くに向かって断続的にしかbusy.His自然な傾斜だったので、それは、彼の仕事と彼の芸術的な追求のバランスをとることは簡単だった:子供の頃、彼はミニチュア風景画で演奏していた、とすでに印象的な絵画を制作していた非常に達成彼の若さを与えていた琉球列島から将軍に委譲し、の行列の1806インチ

彼は彼の友人、岡島Rinsaiで狩野派の様式を教えられていることから始めました。これらの研究は、(そのようなインポートオランダ語画像の視点の研究として)見習いのために彼を準備。彼は最初に非常に成功した歌川豊国のスタジオを入力しようとしましたが拒否されました。このように、彼は最終的に豊国と指摘歌川豊の代わりと見習いに着手した。彼は、豊のスタジオに入るために彼の最初の試行で再び拒否されますが、後で1811年に15歳の時に受け入れられた。豊は彼に名前だけ年後に"歌川を"(代わりに二、三年の通常の期間の)授与。広重は後になって、彼のマスターの名前を取った"Ichiyūsai広重。"


豊に彼の初期の見習いで、彼は芸術の天才の小さな兆候を示し、多くの作品を公開していない。芸術的な名前("Ichiyūsai広重")と15歳の若さで学校のライセンスを獲得しているにもかかわらず、広重の最初の真にオリジナルの出版物は1818年に6年後だった。近江と東部の資本の10有名な場所の彼の八景適度にsuccessful.Thisていたまた、彼は小川日医で火災との戦いに彼の勇敢さを表彰された年でした。しかし、それは彼が本当の世間の注目を集めている東部の首都で広重の有名な場所の公表(1831年)までではなかった。それは、彼はファンや他の小物をペイントとして、豊の学校のために仕事に従事する彼の初期の徒弟と1818の間の中間を離れてwhiledことが推測される。彼は狩野と四条の描画スタイルを研究し続けたとしての仕事のこの種は、彼を支えた。これらは、単に彼を有名にしたプリントのシリーズに前身である。 1832年に、広重は宮廷に徳川職員の大使館に招待されました。彼の息子、Nakajiroは、彼の消防士の業務を処理できるように、広重は代表団に加わった。彼は慎重に、最後に京都に雪の山の範囲、過去の琵琶湖を通じて、海岸線に沿ってその方法をwended東海道を(または、"東海ルート")、、観察。印刷物の彼の一連の、東海道五十三駅は、非常に成功し、広重の名声は約束された。


1839年に、広重の最初の妻、岡部の家族からの女性は、死亡した。広重O -野洲、Kaemonという農家の娘に再婚。
広重は43歳まで兵舎に住んでいた。広重は、彼の父が彼の上に位置を通過したわずか数ヵ月後、12歳の時Gen'emonと彼の妻は、1809年に死亡した。消防などの職務が光だったが、彼は歌川豊のスタジオでのトレーニングに入った後でも、これらの責任をshirkedない。彼は最終的に順番に1832年に広重の息子への義務を渡す人、1823年に彼の兄弟、哲三、に上の彼の消防士の位置を回した。[編集]広重のstudentsHiroshige IIは、若い版画家、広重の娘と結婚Chinpei鈴木、、Otatsuいた。彼は"重信"のアーティスト名を与えられた。広重は、重信すべての事柄で彼の後継者にすることを目的とし、そして重信は1858年、彼のマスターの死の後の名前"広重"を採用したため、今日は広重IIとして知られています。しかし、Otatsuに結婚を悩んでそして1865年にそれらを分離した。 Otatsuは系列の名前を充当し、今日は広重IIIとして知られている広重、重昌、別の教え子に再婚した。広重IIと広重IIIの両方は、広重のそれに基づいて独特なスタイルで働いていたが、どちらも成功し、そのマスターに与えられた認識のレベルを達成していない。広重の他の学生は、私は歌川Shigemaru、歌川Shigekiyo、と歌川Hirokageが含まれています。


nは彼の晩年は、広重はまだ彼の作品の需要を満たすために印刷物の何千もの生産が、いくつかは彼の初期および中間期のものと同様に良好であった。彼はさらに古い時代に、金融快適に住んでいたことはない。江戸の彼の偉大な百景(名所江戸百景名所江戸百景 - 無ごく一部で、彼の多作の出力には条件が右だったとき、彼は依然として顕著な芸術の能力だったが、彼は不完全に、シリーズごとに支払われたという事実に由来していた)出版社の娘と恋に裕福な僧侶、Uoya永吉(元魚屋)でアップフロントのために支払われた。


1856年に、広重は僧侶になること"、世界から引退した"、これは彼が江戸の彼の百景を始めた年でした。彼は1858年の偉大な江戸コレラの流行(流行は彼が不明の殺害かどうか)の間に62歳が死亡し、浅草にある禅寺に埋葬された。 "私は私のjourney.Iに定めるEastAndで私のブラシを残す西部土地の有名な場所を参照してくださいしなければならない。"(この文脈では欧米の土地がで土地のストリップを参照している:ちょうど彼の死の前に、彼は詩を残した京都と江戸の間の東海道、それは阿弥陀仏のパラダイスへの参照として二役を行います)。

広重は、主にそのような女性(美人画美人- GA)とアクター(役者絵yakusha - E)のような一般的な浮世絵をテーマに彼の初期の作品で自分自身を閉じ込め。その後、豊の死の後、広重はその組成と色のために絶賛された東の都(东都名所トト昌)の景1831風景のシリーズで、劇的な転換を行った。このセットは、一般的にIchiyūsai楽器、彼はIchiyūsai広重として署名したという事実から派生したタイトルとして、それを参照することにより、江戸を描いた広重の多くの印刷セットと区別される。東海道(1833-1834)の五十三駅で、彼の成功は約束された。これらのデザインは、490キロ(300マイル)のフル距離の広重の実際の旅行から描かれていました。彼らは、日付、場所、および彼の他の旅行者の逸話の詳細は含まれており、非常に人気でした。実際には、このシリーズは、彼は三つのバージョンでそれを再発行するように人気があった、Kunisada.Hiroshigeと共同で行われたうちの1つは、2000以上のdiffernt江戸と郵便局の東海道の版画、だけでなく、シックスのようなシリーズを作るようになった九Kisokaidō(1834-1842)と富士山(1852-1858)の三十六景の駅。 5000の設計の彼の推定合計のうち、これらの風景はどんなジャンルの最も大きい割合を占めている。


彼はそのような雪舟のような中国の風景画家から降りて風景画の古い伝統と比較親密な、ほとんどの小規模作品の彼のユニークなブランドと風景の版画を支配していた。旅行のプリントは、一般道に沿って様々なストップの特別アトラクションを体験的に有名なルートに沿って旅行者を表しています。彼らは雪の中、雨で移動、そして季節のすべての中に。 1856年に、出版社Uoya栄吉での作業、彼は色の真のグラデーションを含む最高の印刷技術で作られた豪華版プリント、、独特の虹色の効果、エンボス加工、生地の印刷、盲目の印刷を貸してマイカのほか、一連の作成と接着剤の印刷の使用(式中、インクがキラキラ効果のための接着剤と混合される)。江戸百景は(1856年、1859年の間に直列に発行された)非常に人気があった。セットは、死後に出版され、いくつかのプリントが完了していなかった - 彼は100以上の自分で作っていたが、二つは彼の死後、広重IIで追加されました。


広重は、国貞と国芳とともに、歌川派のメンバーだった。歌川学校は、アーティストの数十を構成し、19世紀の木版画の最前線に立っていた。その俳優と歴史的なプリントのため、特に注目すべき、歌川派のメンバーはそれにもかかわらず人気のあるジャンルのすべてに精通していた。


広重の時間の間に、印刷業界は活況を呈していた、とプリントの消費者の視聴者は急速に成長した。この時間の前に、ほとんどのプリントシリーズは、シリーズごとに10または12のデザインのような小さなセットで発行されていた。ますます大規模なシリーズが需要を満たすために生産され、そしてこの傾向はそのようなKisokaidōとスタイルのEdo.In用語の百景の69ステーションとして、広重の作品に見られるように、広重は特に珍しいヴァンテージを使用してのために注目されるポイント、季節のallusions、そして印象的な色。彼は現実的な奥行き感を実現するために、彼自身の作品への視点と後退空間の西洋原理を適応した。特に、彼は有名な場所の名所図会- E(名所絵)画像の領域内で幅広く活動。

江戸時代、観光は旅行の増加人気の関心につながって、さらに活況を呈していた。旅行ガイドには富んだ、そして町は東海道、京都と江戸の接続道路などのルートに沿って現れた。この急成長の旅行文化の真っ只中に、広重は彼の風景画を作成する際のインスピレーションのために、彼自身の旅行だけでなく、他人の冒険の物語に基づい描きました。例えば、東海道で五十三駅(1833年)で、彼はJippensha Ikku、として2つの失敗ばかりしている旅行者の冒険を記述するコメディでイースタンシーボード(东海道中膝栗毛Tōkaidōchū Hizakurige、1802年から1809年)での旅からの逸話を示しています。彼らは同じ道沿いの道を作る。


広重は江戸の東海道(1833〜1834)と百景(1856年〜1858年)大きく影響などモネなどのフランス印象派の五十三駅です。ヴィンセントヴァンゴッホは、浮世絵版画の彼のコレクションの中にあった江戸百景のうちの2つをコピー。広重のスタイルにもミールiskusstva、イワンビリービンは主要な芸術家であった20世紀ロシアの芸術運動に影響を与えた。
[Biography - Ando Hiroshige - 6Ko]
歌川广重(歌川広重,1797 - 1858年10月12日)是日本浮世绘的艺术家,在这个传统的最后的伟大的艺术家之一。他还提到安藤广重(安藤広重)和艺术的名义Ichiyūsai弘(姓氏和艺术的名义不规则的组合)(一幽斎广weight)。


弘出生于1797年命名为“安藤Tokutarō”(安藤徳太郎)在Yayosu军营,只是在江户八重洲地区的江户城(现在的东京)东。他的父亲是安藤Gen'emon,幕府(一种遗传性固定dōshin排名)。内的消防组织,其职责是防止火灾,Gen'emon和他的家人连同其他30个武士,住在10军营,江户城的官员,虽然他们的工资60 koku标志着他们作为未成年人家庭,这是一个稳定的位置,和一个非常简单的 - 高桥教授诚一郎的特点作为主要组成的狂欢消防员的职责。 30个兵营武士官员,包括Gen'emon,监督谁也住在军营内的300低下阶层工人的努力。几个零星的证据表明,他是谁教他对中国的影响卡诺学校的painting.Legend弘立志要成为一个浮世绘的艺术家,当他看到他近当代版画,另一个消防员辅导

北斋。 (北斋发表一些他的最大的打印,如富士山的三十六个​​次数中,1832,今年弘致力于自己的全职他的艺术。)再到北斋的在1849年去世,其景观工程竞争同一客户。更可能的是,像其他许多低排名的武士,广茂的年薪是对他的需要是不够的,这促使他寻找到手工工艺,以补充他的收入。这是很容易平衡自己的工作和他的艺术追求,作为一名消防员,只是间歇性busy.His走向图纸标记为他的艺术生命的自然倾向:作为一个孩子,他发挥了盆景,并已经产生了一个令人印象深刻的画在1806将军的代表,从琉球群岛,显着完成他的年轻年龄的游行。

他开始教他的朋友,冈岛Rinsai卡诺学校的风格。这些研究(如荷兰进口的图像研究的角度)准备为他的学徒。他第一次试图进入演播室非常成功的歌川丰国,但遭到拒绝。因此,他最终走上了与著名歌川丰博,而不是与丰国学徒。他再次拒绝了他第一次尝试进入丰博的工作室,但在15岁以后在1811年接受。丰博赐予他“歌川”后仅一年(而不是一般两年或三年期)的名称。弘后来参加了他的主人的名字,成为“Ichiyūsai弘”。


在他早期的学徒,以丰博,他几乎没有迹象表明艺术天才,并没有公布很多作品。尽管获得一个艺术的名称(“Ichiyūsai弘”)和学校许可,年纪在15,广茂的第一个真正的原始出版物的6年后,于1818年。他的八尾身幸次在东区首都十大名胜中度successful.This的意见也是他赞扬他的英雄主义战斗在小川nichi火的一年。然而,直到弘名胜在东部资本(1831)出版,他真正吸引公众关注。据推测,他whiled了他最初的学徒,从事工作,1818丰博的学校​​,如绘画球迷等小件物品之间的中期。这样的工作,支持他,因为他继续研究卡诺和四条绘画风格。这只是一系列的打印,使他成名的前兆。在1832年,弘被邀请加入幕府官员使馆朝廷。他的儿子,Nakajiro,可以处理他的消防员职责,弘参加了代表团一行。他仔细观察东海道(或“东方海上航线”),这wended沿海岸线的方式,通过雪山范围,过去琵琶湖,终于到京都。他的系列版画,东海道五十三站,非常成功,广茂的声誉得到保证。


1839年,弘的第一个妻子,一个女人从冈部家族,死亡。弘重新O型雅俗,名为Kaemon一个农民的女儿结婚。
弘住在军营,直到43岁。 Gen'emon和他的妻子死于1809年,时弘12岁那年,短短几个月后,他的父亲通过他的位置。虽然他作为消防战士的职责是轻的,他从来没有推卸责任,甚至在他进入歌川丰博的工作室的培训。他最终把他的消防队员的位置交给他的弟弟,铁三,在1823年,谁又将责任弘的儿子通过在1832年。[编辑]弘的studentsHiroshige二,一个年轻的打印艺术家,Chinpei铃木,嫁给弘的女儿,Otatsu 。他被授予“重信”的艺术家的名字。弘打算使戊申他的继承人在所有事项,并通过他的主人去世后,戊申于1858年命名为“弘”,从而今天是广茂二。然而,婚姻Otatsu感到不安,并于1865年,他们分开。 Otatsu是改嫁到另一个前弘,重理,谁侵占血统的名称,今天是弘三学生。弘第二和第三弘弘基于独特的风格,但也取得了成功,并给予他们的主人承认水平。弘其他学生,包括歌川Shigemaru,歌川茂清,和歌川Hirokage。


ñ他的晚年,广茂仍然产生数千打印,以满足他的作品的需求,但很少有人像他的早期和中期的。他从来没有住在融舒适性,即使在年老。在不小的一部分,他的多产输出源于,他是不善每系列支付,不过,他还能够显着的艺术时的条件是正确的 - 他的伟大的一百年著名次数江户(名所江戸百景Meisho江户时代Hyakkei )支付前期的一个富裕的佛教与出版商的女儿,Uoya英吉(前鱼贩)在爱的祭司。


1856年,弘“从世界退休,”成为一个和尚;这是今年他开始了他的一百年的江户时代著名的次数。他享年62岁,在江户时代伟大的1858年的霍乱疫情(疫情是否杀害了他是未知的),被埋葬在一个佛教禅宗寺庙浅草。他去世前,他留下了一首诗:“我离开我journey.I规定的EastAnd,我刷的,应当在西部土地的著名的地方。”(在这方面,西方的土地是指土地地带“京都议定书”和江户之间的东海道,但它作为参考天堂的阿弥陀佛的双重责任)。

弘浮世绘的共同主题,如妇女(美人画闭紧- GA)和演员(役者絵yakusha - E)在他的早期工作主要限于自己。然后,弘丰博的死亡后,一个戏剧性的转折,在1831年景观系列东部资本(东都名工程学系TOTO Meisho),这是至关重要的组成和颜色的赞誉著名景色。此设置一般是从弘的许多打印杰出的集描绘江户时代Ichiyūsai Gakki,标题的事实,他签署Ichiyūsai弘所得。东海(1833年至1834年)第五十三站,他成功的保证。这些设计从广茂的实际旅行490公里(300英里)的距离。他们包括细节的日期,地点和他的同路人轶事,并受到极大的欢迎。事实上,这个系列如此受欢迎,他补发了三个版本,其中之一是与Kunisada.Hiroshige共同江户时代驿站东海,以及系列2000多个不同的充打印,如第六9 Kisokaidō(1834年至1842年)和富士山(1852年至1858年),三十六名点击站。他估计总共5000设计的,这些景观包括任何类型的比例最大。


他与他的亲密,几乎小型工程的独特的品牌为主的风景版画对中国山水画画家雪舟,如后裔山水画的老传统。旅游版画描绘了著名的沿各站的特殊景点,一路上遇到路线的旅客。他们在雨中旅行,在雪地,在所有的季节。 1856年,他与出版商Uoya英吉合作,创造了一系列豪华版打印,与最优秀的印刷技术,包括真实的色彩渐变,云母除了借给一个独特的虹彩效果,压花,印花织物,盲目印刷,使用胶水印刷(其中油墨混合胶为闪闪发光的效果)。一百年著名的江户的意见(1856年和1859年间连续发出)是极大的欢迎。集出版了遗腹和一些打印尚未完成 - 他有超过100对自己创建的,但两个人广茂二补充后,他的死亡。


广重歌川学校的成员,随着Kunisada和国芳。歌川学校组成的数十名艺术家,站在十九世纪版画的前列。特别值得注意的是,他们的演员和历史版画歌川学校的成员,然而精通所有流行的流派。


在广茂的时间,印刷行业的蓬勃发展,对印刷品的消费受众迅速增长。在此之前,大多数打印系列小集,如十个或十二个系列的设计,已发出。越来越大的系列生产,以满足需求,并可以在广茂的工作,如Kisokaidō和风格Edo.In一百年的著名点击六十九个车站,看到这一趋势,广茂特别指出,使用不寻常的高度点,季节性的典故,和醒目的颜色。他改编自己的作品在西方观点和后退的空间原则,以达到现实的深度感。他特别meisho - E(名工程学系絵)的著名景点图片领域内的广泛合作。

在江户时代,旅游也蓬勃发展,从而增加旅游的兴趣。旅游指南丰富,城镇沿路线如东海,连接江户与京都的道路上出现。在这个蓬勃发展的旅游文化中,广茂提请灵感根据自己的旅行,以及他人的冒险故事,在他的风景画。例如,的东海道(1833年)的五十三站,他说明了从游记轶事的东部沿海地区(东海道上中膝栗毛Tōkaidōchū Hizakurige,1802至1809年)Jippensha Ikku,一个喜剧描述两个装模作样的旅客的冒险作为他们使他们的方式,沿着同样的道路。


广茂的东海(1833年至1834年)和一百名著​​名点击江户时代(1856年至1858年),极大地影响了莫奈,如法国印象派的第五十三个站。文森特凡高复制两个一百年江户时代著名的观点,其中他收集浮世绘版画。广茂的风格也影响了米尔iskusstva,20世纪俄罗斯伊万比利宾是一个重大的艺术家的艺术运动。
[Biography - Ando Hiroshige - 5Ko]
Utagawa Hiroshig e (歌川広重?, 1797 - October 12, 1858) was a Japanese ukiyo-e artist, and one of the last great artists in that tradition. He was also referred to as Andō Hiroshige (安藤広重) (an irregular combination of family name and art name) and by the art name of Ichiyūsai Hiroshige (一幽斎廣重). Hiroshige was born in 1797 and named "Andō Tokutarō" (安藤徳太...
[Biography - Ando Hiroshige - 13Ko]
Utagawa Hiroshige (歌川広重, Utagawa Hiroshige?) (né en 1797 à Edo, mort le 12 octobre 1858 à Edo) est un dessinateur, graveur et peintre japonais. Il se distingue par des séries d'estampes sur le mont Fuji et sur Edo (actuel Tōkyō), dessinant de façon évocatrice les paysages et l'atmosphère de la ville, en reprenant les instants de la vie quotidienne ...
[Biography - Ando Hiroshige - 4Ko]
Hiroshige (* 1797 in Edo (heute: Tokio) &dagger 12. Oktober 1858), auch Andō Hiroshige (jap. 安藤 広重), Utagawa Hiroshige (歌川 広重) und Ichiyūsai Hiroshige (一幽斎 廣重) war ein berühmter japanischer Holzschnittkünstler des Ukiyo-e und der jüngere Konkurrent von Katsushika Hokusai (1760-1849). Als sein bekanntestes Werk gilt die Farbholzschnittsammlung 53 ...
[Biography - Ando Hiroshige - 4Ko]
Hiroshige Utagawa (歌川広重 Utagawa Hiroshige?) (Edo, 1797 - Edo, 12 ottobre 1858) è stato un incisore e pittore giapponese. Fu allievo di Utagawa Toyohiro (1773-1829 circa) e studiò lo stile occidentale introdotto dal fondatore della scuola Utagawa, Toyoharu (1735-1814). Assieme a Hokusai è considerato uno tra i principali paesaggisti giapponesi dell'...
[Biography - Ando Hiroshige - 3Ko]
Utagawa Hiroshige (1797-1858), también conocido como Andō Hiroshige, nombre artístico de Andō Tokutarō, fue uno de los más grandes paisajistas de la pintura japonesa, llevando esta disciplina a un nivel artístico y de estilo inigualado. Se distinguió por series de grabados sobre el monte Fuji y sobre Edo (actual Tokio), que dibuja con maestría los ...
[Biography - Ando Hiroshige - 4Ko]
Утагава Хиросигэ (歌 川 広 重, 1797 -? 12 октября 1858) был японским укие-э художник, и один из последних великих художников в этой традиции. Он был также называют Андо Хиросигэ (安藤 広 重) (нерегулярные сочетание фамилии и искусства имени) и искусства имя Ichiyūsai Хиросигэ (一 幽 斎 广 重). Хиросигэ родился в 1797 году и назван "Андо Tokutarō" (安藤 徳 太郎) в ка...
[Biography - Ando Hiroshige - 1Ko]
Utagawa Hiroshige (歌 川 広 重, 1797 -? 12 de outubro de 1858) foi um artista ukiyo-e japonês, e um dos últimos grandes artistas nessa tradição. Ele foi também referida como Ando Hiroshige (安藤 広 重) (uma combinação irregular do nome de família eo nome da arte) e com o nome de arte de Ichiyūsai Hiroshige (一 幽 斎 广 重). Hiroshige nasceu em 1797 e "Ando nome...
[Biography - Ando Hiroshige - 15Ko]
-- -- -- -- -- -